ちょっと意地悪な話ですが、市販の歯磨き粉のほとんどには「ホワイトニング成分配合」と書かれています。そして、ほとんどの人は歯磨き粉を使って歯を磨いているわけで、もしそのホワイトニング成分が本当に効果があるのなら、歯を白くしたいと思う人はいないとは思いませんか?

でも、実際には歯が黄ばんでしまってホワイトニングをしようと思っている人がとても多いです。ホワイトニングは一般的には歯科医などに行って、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングをするのが通例ですが、治療ではないので保険が適用されずに非常に高額になってしまいます。

もっと簡単に歯を白くする効果のあるリーズナブルなホワイトニング商品はないのでしょうか。

歯磨き粉でホワイトニング

ホワイトニングに特化した歯磨き粉なら白くできる

自宅でのホワイトニングはかなり進化していて、今では歯磨き粉タイプのホワイトニング専用商品が販売されています。市販の歯磨き粉と違うところは、ホワイトニングに特化しているところなんです。

正直市販の歯磨き粉は「虫歯菌を除去」「歯を再石灰化」「フッ素コーティング」「歯周病予防」「ホワイトニング」「プラークコントロール」など、まるで万能薬のようなうたい文句が並んでいますが、結局虫歯にはならないかもしれませんが、ホワイトニングに関して言えば気休め程度と言わざるを得ません。

下に紹介する「ちゅらトゥースホワイトニング」という歯磨き粉(歯磨き液)は、機能をホワイトニングに特化しているので、使っていくと徐々に自然な白い歯を取り戻すことができます。


【ホワイトニングに特化するとは】

  • 研磨剤不使用で歯を削って白く見せることはしない
  • 表面の着色汚れを効率よく落とす成分を高配合
  • 虫歯予防歯磨きのあとに、もう一度ホワイトニング歯磨きをする

ホワイトニング専用歯磨き粉は、一度に虫歯予防からホワイトニングまで全部やるのではなく、先に着色以外の食べかすや歯垢などを取って(普通の歯磨きをして)から、ホワイトニングのためだけの歯磨き(仕上げ磨き)をするイメージです。

このひと手間によって、黄ばんだ歯を自然な白さへだんだんと戻すことができるというわけです。


ちゅらトゥースホワイトニング
薬用ちゅらトゥースホワイトニング

・厚生労働省が認定した医薬部外品
・1日2回仕上げ磨きとして使うだけで歯が白くなる
・虫歯リスクを削減し、口臭や歯肉炎なども予防する成分配合

公式サイトで詳細を見てみる
オススメ

汚れを落とす歯磨き粉の選び方

ホワイトニング専用の歯磨き粉を使用する場合、その前に通常の歯磨きをして食べかすや歯垢を除去しておく必要があります。

ホワイトニング専用歯磨き粉の効果をより発揮するために、通常の歯磨き粉選びというのは意外に大事になってきます。ホワイトニングを成功させるという目線で選ぶ歯磨き粉の選び方をご紹介します。

歯磨き粉の選び方

研磨剤が微粒子のものを選ぶ

市販の歯磨き粉の中には研磨剤が入っています。舌触りがザラザラするのは研磨剤が入っているからなんです。

ホワイトニング専用の歯磨き粉を使用する場合は、極端に言えば研磨剤がまったく入っていなくてもいいくらいです。研磨剤は着色汚れを削り落とす役割ですから、その役割はホワイトニング専用の歯磨き粉に任せるのであれば研磨剤は必要ありません。

むしろ研磨剤というのは歯の表面を削ってしまいますし、歯茎への刺激もありますから、研磨剤入りの歯磨き粉を選ぶ場合にはミクロレベルまで粒子を小さくした研磨剤が配合されているのがいいでしょう。

汚れを効率的に落とす成分が入っているものを選ぶ

研磨作用が弱くても汚れをしっかり落とせる歯磨き粉を選べばいいのです。最近ではイオンの力で汚れを浮かせたり、タンパク質を除去する酵素などを配合しているものもあるので、そういったものを選ぶと、ホワイトニング歯磨き粉がより効果的に作用します。

市販のオススメ歯磨き粉

ねんどのハミガキ(ボディクレイ)

ねんどのハミガキ

ホワイトニング専用歯磨き粉と一緒に使う歯磨き粉で一番おすすめなのがこの「ねんどのハミガキ」です。泥洗顔などクレイのコスメを販売しているボディクレイの商品なのですが、研磨剤や発泡剤は一切使用せずに、安心・安全な歯磨き粉になっています。

粘土の優れた吸着力を利用して歯の汚れを落とし、保護してくれます。味もおだやかで使い心地の良い歯磨き粉です。

料金 成分
100g 1,134円
(定価)
精製水、モンモリロナイト(清掃剤)、ソルビトール(湿潤剤)、グリセリン(湿潤剤)、カオリン(清掃剤)、BG(湿潤剤)、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル(湿潤剤)、フェノキシエタノール(防腐剤)、ハッカ油(香料)、PCA-Na(湿潤剤)、カプリル酸グリセリル(防腐剤)、ティ-トリー油(香料)

ヴェレダ歯磨き

ヴェルダの歯磨き粉

ヴェレダの歯磨き粉はスイスのオーガニックブランドが販売している歯磨き粉です。

ジェルタイプの歯磨きで天然の研磨剤を使っているので、歯への負担が少なく、歯茎への刺激も少ないのが特徴です。保湿作用のあるカミツレエキスやミルラエキスなども配合されていて、歯と歯茎に優しい歯磨き粉です。

種類も4種類あり、「ハーブ」「ソルト」「プラント」「カレンドラ」、それぞれ違う香りが楽しめるのもいいですよね。

料金 成分
75ml 1,080円
(参考価格)
グリセリン(湿潤剤)、水、含水シリカ(清掃剤)、カミツレ花エキス(保湿剤)、クラメリアトリアンドラ根エキス(保湿剤)、モツヤクジュ樹脂エキス(保湿剤)、アルギン酸Na(粘結剤)、エタノール(清涼剤)、エスクリン(保湿剤)、香料(ミントタイプ)

アパガードリナメル

アパガードリナメル

「芸能人は歯が命」でおなじみのアパガードシリーズの歯磨き粉ですが、アパガードリナメルは歯科医院が処方する用の歯磨き粉として販売されています。

研磨剤が入っていますが、ナノサイズのハイドロキシアパタイトなので、歯の表面のキズや隙間にまで入り込んで、歯のエナメル質を滑らかにしてくれます。エナメル質が滑らかになる事で歯の再石灰化をスムーズにし、歯垢や着色汚れが付きにくくなるので虫歯予防効果も高くなります。

料金 成分
120g 2,140円
(参考価格)
精製水(溶剤)、濃グリセリン(湿潤剤)、薬用ハイドロキシアパタイト、マクロゴール400(PEG-8)、ゼオライト、ポリビニルピロリドン(PVP)、β-グリチルレチン酸、塩化セチルピリジニウム、キシリトール(甘味料)、無水ケイ酸(基剤)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(可溶化剤)、エタノール(可溶化剤)、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ナトリウム(発泡剤)、カラギーナン(粘結剤)、カルボキシメチルセルロースナトリウム(粘結剤)、香料(ペパーミントタイプ)、酸化チタン(安定剤)、塩酸アルキルジアミノエチルグリシン(保存剤)

白い歯の女性

ホワイトニング歯磨き粉だけでいいかも

ホワイトニング専用の歯磨き粉というのは、通常の歯磨きのあとに「仕上げ磨き」として行います。上記に紹介した歯磨き粉は刺激が少なくホワイトニング歯磨きの前に使うのはうってつけですが、別に何もつけずに水だけで歯を磨くのでもいいと思っています。

というのも、ちゅらトゥースホワイトニングは薬用で厚生労働省から医薬部外品として認定を受けています。ウーロン茶抽出物とホップエキスからなる新成分「GTO」が虫歯発生の元凶であるGTase(不溶性多糖類合成酵素)を阻害して虫歯のリスクを軽減してくれるのです。

さらには歯茎の腫れや炎症を抑える「アラントイン」、雑菌を減らし口臭を防ぐ「シメン-5-オール」も配合しているので、結局は虫歯予防にも一役買ってくれるのです。

歯磨き粉を使う理由は、何となく口がスッキリして「磨いた感」があるほうがいいという感じですから、本来は何もつけずに磨くだけでも十分に虫歯予防にはなります。というわけで、ホワイトニング専用歯磨きが気になる人は一度公式サイトをのぞいてみてください。


ちゅらトゥースホワイトニング
薬用ちゅらトゥースホワイトニング

・厚生労働省が認定した医薬部外品
・1日2回仕上げ磨きとして使うだけで歯が白くなる
・虫歯リスクを削減し、口臭や歯肉炎なども予防する成分配合

公式サイトで詳細を見てみる
オススメ